読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

around サブカル ch 

〜コミュニケ/サブカル/音楽/会社人生などを語るをしてみんとして〜

壁と卵

タンスと冷蔵庫の間に挟まれたゴキブリがいたとしたら、僕はタンスを動かす。冷蔵庫の足元を蹴っ飛ばす。

知りません。黒い生物は閉じられた空間の中で無へと消えるでしょう。

しばしば冷蔵庫は冷たく、効率的に物を冷やします。温度は一定で冷たいそよ風で美味しいトマトやキュウリ、菜の花の煮付けなどを冷やします。

その後ろの隙間には暖かい隙間ができます。誰もが愛する気持ちのよい隙間が。

間隙には無数の生物がやってきます。暗黒生物もその一つでしょう。

あなたが暗黒生物を見たらきっと同じことをするでしょう。冷蔵庫の足元を蹴っ飛ばすのです。ぴったりと閉じた隙間から暗黒生物の髭が見えるかもしれません。そこで髭がピクっと動いたら、あなたはもう一押しするでしょう。足元を強く蹴るでしょう。

満足な殺戮が行われます。

冷蔵庫の中からビールを取り出して一服するでしょう。便利な道具です。時として、あなたの、征服心を満足させ、時としてあなたの舌を満足させる。

システムには魂などありません。一寸の魂もありません。冷やしてるだけ。なのに後ろの抹殺暗黒生物を冷凍の隙間=φ=空へと抹殺。あなたは満足。それが冷蔵庫とゴキブリ。

そういえば、冷蔵庫を作ってるのは誰??



(10年後)




「奥さんこっちきて見てください」

「あら、やーだ。なにかしらこの焦げた跡」

「ちょっとあなたー、タバコ吸わないでっていったでしょー」

「ん、待てよ。タバコの跡にしたは大きいな。」

すりすり

「あれ、なんかトゲが」

「ん、どうしましたか?」

「いや、ちょっと、この辺変じゃないですか?タバコにしては」

「そーかしら??どれどれ」

以下略

「やーね。私かしら」

「お前だろ」

「それにしてもこの冷蔵庫、ここ見てくださいよ、このシリアル。」

「えーっと、AMERICA0129 hogehoge」

「アメリカ製の冷蔵庫ですね。いいものを買ってらっしゃる。」

「ゴキブリもよく潰せるのよこのリーフリィーゲイターはコックローチィーをバリバリと蝕むのよーーーーーーーーーーーーーおほほほほほほほほほほほほ。」

ザワザワ、ザワザワ