読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

around サブカル ch 

〜コミュニケ/サブカル/音楽/会社人生などを語るをしてみんとして〜

SONY CM 対 apple/microsoft/TDK CM (主観大)

以下はあくまでCMだけの印象です。

世界のソニーっていうじゃん by 世界の矢沢
えーこのTVはブルーレイじゃないの? by 世界の矢沢

僕はこのCMで一時期激しくSONYが嫌いになりました。

人を馬鹿にしているのかな?と思いました。

「えーこのTVブルーレイじゃないの?」
「ハイビジョンなのに」

うだうだ。

「世界のソニーっていうじゃん??」

うだうだ。

基本的にもったいぶって結局何も内容あることも、意外性のあることも、ユーモアも、話していない話し方がうざいですが、なにより世界の矢沢が登場しているがムカつきます。

誰ですか?このジャップは?何をした人ですか?このジャップは?世界で笑われたいのでしょうか?

矢沢という人が持っているものが嫌いな若い人って多いと思う。今や何もしてないのに超偉そうな日本DQNの象徴です

これを出して世界を語る。

嫌いになりました。


自分はマイクロソフトのCMは好きです。

「彼らはアイデアを持っています。探し物はあなたの会社の中の人の中にあるのです。ソフトウェアの力で」

このメッセージや(合ってるのかどうか知らないけど)そもそも映像としての透明度、音楽の期待できる感じ、共感できる感じが好きです。

アップルのCMも基本的にCSS(ブラジル)やU2(アイルランド)など、各国の音楽を教えてくれるし、七色の強みもあると思いますが、透明感がいいし、オープンな感じがします。


http://www.tdk.co.jp/tjaaa01/aaa06090.htm

TDKのCMもいいです。やっぱりオープンな感じがいいし、明るい未来がある気がする。ちなみに電気グルーヴの曲、本当にこのCM用にだけ作ったのかなんか知らないけど直ぐ終わってしまって、残念です。更にyoutubeでこの映像は見れません。CMをyoutubeで氾濫させなくいメリットないと思うのですが。。

翻って

やばい。閉ざされている感じがヤバイ。お金を持っているバブルを生きてたお父さん向けです。未来無さ過ぎてワロタ。