読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

around サブカル ch 

〜コミュニケ/サブカル/音楽/会社人生などを語るをしてみんとして〜

ふと

いつも思いついてはそんなに考え込まないことだけれど、書きたいことがあった。

まんが喫茶で打ち込んでいるこのキーボードが死ぬほど打ちづらい。

すると大きく作業の効率は落ち、ほとんど思考にまで影響が出て自分の自信すらなんかなくなってくる。(そもそもないけど)、キーボードひとつでこの有様である。

そこで思いついた。

自分はいろんなものでコーティングしている。
(じぶん評価だけれど)たとえば学歴や年収やおもしろいことをいう能力や使いやすいPCやスマートフォンSNSや自分を客観的に見られるツールやいろんな生きるための知恵や‥‥

これが欠けてた時代もあったし、そのころにもどったら俺は何もできない。
というかいきていける自信がない。
そんなことを思った。

正直そこそこいきていけるんじゃないかというレベルを上回ったのはここ最近だ。
ある程度技術がわかり、人と話せ、学歴があって、やっと生きていけるような気がする。
はっきりいって多くの人間はそんなもの身に付けている気がしない。
しかし、俺よりはっきりとした成果を残し、自信を持っていきている。

ギャクのようにこんなキーボードで作業できるかwwwwwwっていえなくて、こんなキーボードだと、使い慣れたPCをとられたら、あるいは色々な俺に身についた能力を剥ぎ取られたら、冗談なしに、死ぬかもしれない。

そんなことを思った。
みんなどうやって生きて行っているのだろうか?

なんで、ちゃんとパスだけじゃなくてゴールを決めて生きていっているのだろうか?

いろいろ書きたいけれど、まじで打ちづらいので、本当に作業にならない。
のでここで終わる。

ひとつ言えるのは我々若者はその辺の年寄りより遥かに複雑で難しい時代を生きているんじゃないか?
ってこと。