読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

around サブカル ch 

〜コミュニケ/サブカル/音楽/会社人生などを語るをしてみんとして〜

西村賢太のよる

昨日リシリの夜を見ていて、西村賢太芥川賞受賞時の「風俗行く所だった」発言は、照れ隠しのマイクパフォーマンスではなくて、受賞できなかった時の、孤独を回避するためのリアルな話しだったと知った。

西村賢太の小説は言葉選びが孤独と男性の欲を埋め込んでいる。

マスターベートな夜。