読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

around サブカル ch 

〜コミュニケ/サブカル/音楽/会社人生などを語るをしてみんとして〜

取捨選択したテレビは面白いし、映画などより物によっては人生への直接的有用度は高い

http://d.hatena.ne.jp/Rootport/20140116/1389884410

「俺の部屋にはテレビがないんだ」

「ほう、それで、君はTVを表面的に見ているから、つまらない情報だけしかひっからないんじゃないのか?」

 

 

取捨選択すると面白いTVは沢山ある

上記のブログにたいして、取捨選択という軸を入れるとわたしは違う結論になると思う。映画、小説というのは既に取捨選択されている。取捨選択しないとTVとそれらを比べたらそれはアンフェアだ。取捨選択したTVというのは充分におもしろい。

 

f:id:areyoukicking:20140117120046j:plain

自分の人生への直接的有用度(自分への関連度)

また、わたしは映画も小説も読むが、TVにあるのは、直接的に有用な情報が、多いと

考える。品質が高過ぎるものは消化にも時間がかかる。

(低俗かもしれないがつまり、市井のもの、我々の手の中に入る、有用な情報)

 

f:id:areyoukicking:20140117120308j:plain

ちょうどいい塩梅の情報

この山でいうとちょうど、いい塩梅の情報が、取捨選択されたTVには多いと考えている。映画や小説には、人生へのインパクトをもたらすような物が多い。が、それは効果は徐々に来るものであったり、実際はあまり自分とは関係の無い情報もある。勿論それも有用だが、TVの持つ、直ぐにでも応用できそうな情報、あるいは、トレンドに沿ったものを大衆化しつつ、上手くまとめたものも多い。

 

f:id:areyoukicking:20140117120645j:plain

 

具体例

具体例としては、完全に個人的な意見だが、

 

アメトーーク    芸人同士の絡み合い、考えかた、視線というものは

          非常に面白く、いろんなシーンで応用が聞く

 

ロンドンハーツ   上記と同様だが、誰が人気があって、どういう立ち振舞

          をすると、人に好かれたりするのか、など非常に面白い

 

ブラマヨとゆかいな仲間たち

          このトーク番組はそもそも、出てくる人が横断的である。

          ピエール滝、園子温宇多丸古田新太

          充分に文化的でそういう人の、日常的な考えかたが上手く

          演出されている。