読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

around サブカル ch 

〜コミュニケ/サブカル/音楽/会社人生などを語るをしてみんとして〜

村上春樹風に割烹着を着て、捏造をする女子を思うスレ

老舗の京料理の看板と石畳を雨が濡らしなら、夏の京都がエロスをかもし出していた。

 

すんません↓ひどいっす

 

幹夫は、そのど真ん中に丸太のような幹を抱え、京都の盆地に溜まった雲海のような、性欲を吐き出せずに、物かきとしてすごしていた。

 

数ヶ月に一度、旅費を稼いでは京都のふもとにある料亭、雅屋で、京風身つくりご膳を、食べに行く。このご膳はまるで、ベルリンフィルのフルセットのハーモニーのような、統合と統一で成し遂げていた。

 

ご飯と、その金色の屏風で隔たれた、色の鮮やかな京風料理の数々は、一見独立して、

ベルリンの壁で東と西の国が分け隔てられた1980年代のドイツのようでいて、メンドクセーヘルタで出会った女性のような、背の高い後姿に似た、京にんじんがメンドクセー・デ・ヘルタ・ベルリン(メンドクセ、略)

 

幹夫はある女のことを思い出した。三木幹夫という名前でとある大学で准教授をしていたある4月、めずらしく女性の研究者が、一通のメールをよこした。

 

幹夫の大学では、女性の研究者は、その存在自体が、科学的な現実解として存在しないことが証明されている、難解な数学の定理のように、厳然と無の気配を漂わせていた。

 

幹夫にとって、女という性に対する思いは、フラスコにたまった、カビのような、条件をそろえて出てくるものではなく、偶然に沸いてでてくるものだと考えている。

 

幹夫は今まで発見した分子生物学上のトピックを

 

・・・略  なんかいろんなものをディスったブログをかいてもーた、しかも低レベル