読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

around サブカル ch 

〜コミュニケ/サブカル/音楽/会社人生などを語るをしてみんとして〜

男女素敵化大会議(宮台真司)ロフトプラスのイベントに行ってきた

 

宮台真司 新刊『「絶望の時代」の希望の恋愛学 』出版記念 男女素敵化大会議!!

http://www.loft-prj.co.jp/schedule/plusone/20197

ライブ感

宮台真司さんのイベントに行ってきた。トークイベントというのに、初めて行ったのであるが、ライブと似ていて、①お、この曲すげー、②あ、知ってるこの曲、コレコレ!、③初曲を聞いて、あ、コレ聞いてない、う、キツイっていう感覚。

 

とかいってて、何か爪痕を残そうと思っていきましたが、とりあえずあんま何も残せなかったす。。ブログを拝読させていただいているid:qqilleさんに会えたので、idコールしちゃいます。。(ご本人にキューキューライフと言ってしまいました。。)(う、ブログで書くのちょっとださい。)

 

あと、神経的に疲れたので、この感じもフェスに行ったとき、特に、長時間夜に聞くというところが、フジロックに行った時の帰りの朝の感じに似ているんですが、宮台さんのトークの言葉の紡ぎ方は、ほんと、ライブでした。

 

自分は多分ナンパをしたことがある人間なので、このトークの主題?(だったのか?)である、「地蔵」から抜け出す(それは、人間的成長として)という部分より、途中でツッコミが入って話が始まった、年収が低い人をどう救うのか?(弱者、孤独)、あるいは「それどころじゃない問題」、そして、男女ともにり立ち、「ちゃんとする」ことが、恋愛をするために必要なんだというメッセージが印象に残りました。

 

会場

偉そうに書かせていただきますが、、正直、ナンパをしたことがあるという事でなくても、一人で、殻を破って単独戦を戦って、何かを得た事 があるというような人間って、やっぱり少ないのかな?という印象を参加者の方から感じてしまったりもしました。若い人が多かったというのもあるけど、俺大 学の時、こんな人に囲まれて、更に、俺の単独走行の難易度を上げてくれてましたなという、、呪詛のようなことを思いましたが、もう、容易にそういったこと は、腹の底に抑えられます。といいつつ、俺、学生の時、ある商社のOB訪問で、お前がこの会社にはいる為には渋谷で10人いま直ぐナンパしてこいって言われたのを覚えています。俺にはできなかった。ナンパ自体は学園祭とかでやったけどレベル。

 

その後できるよになったけど、会社に入ってから3年目ぐらいでようやく振り払えたんだっけ(宮台さんの本で言う、自分を成長させようというより、出会いがなさすぎたという理由だった)

セックスワーカー

セックスワーカーの話はなんとなく自分が思ってたこと(12/11ブログ)を当然のことながら、もっと、データを元に議論されていました。あと、風俗が救う役割みたいなもの。これもろ俺経験してるなと思いました。(脱童貞とか、その辺で。)

その後

 

会場を後にして、当然この流れだったらナンパだろと思ってやってみたものの、最悪の状態でして、、デブと罵られ終わりました。いや俺ひどいな。。(id:areyoukicking)